脂質異常症やがんなどを治す最新の治療|価格と効果両方揃った療法

腸内を検査

大腸内視鏡検査とは

医者

大腸内視鏡検査とは肛門から大腸カメラを挿入し、大腸の壁を直接見る検査です。通常は健康診断で便潜血が陽性であった場合、大腸がんやポリープが無いかを確認するために行われることが多いです。その他に便秘や下痢、繰り返す腹痛などの場合、大腸炎などの診断で行われることもあります。 検査は横浜内のクリニックや病院で受けることが可能です。検診の便潜血陽性の場合は、検査結果を持参すると、余分な検査をしないで済むことがあります。また、服用している薬によっては、大腸内視鏡検査で気を付けることがありますので、定期的な内服薬がある場合は薬手帳など薬の名前がわかるものを持参しましょう。サプリメントや市販の下剤、整腸剤などを服用している場合もきちんと告げましょう。

横浜で検査可能な病院を探す

横浜で大腸内視鏡検査を受ける場合は、まずインターネットなどで大腸内視鏡検査、大腸カメラ、大腸ファイバーといったキーワードと横浜で検索しましょう。便潜血陽性の場合、半分弱の方にポリープが見つかります。ポリープは小さいものであればカメラで治療が可能です。横浜市内でも、病院によって検査のみ対応可能なところとポリープの内視鏡治療まで対応できるところがあります。予約時に確認しておきましょう。 大腸内視鏡検査で最も大切なことは、前処置です。検査前に大腸の中を完全に空っぽにすることで検査の時間も短く済み、精度も上がります。普段、便秘の場合は通常よりも下剤を多く服用した方がよいこともありますので、予約時に確認しましょう。 大腸内視鏡検査は唯一、大腸を直接見ることができる検査です。検査を勧められた場合には必ず受けるようにしましょう。

Copyright (c) 2015 脂質異常症やがんなどを治す最新の治療|価格と効果両方揃った療法 All rights reserved.